BLOGブログ
BLOG

埼玉でマクロビならナチュラルヒーリングホワイトハウスへ

2018/05/09

昨年10月に埼玉県三郷市にオープンしました心と体の相談薬店ナチュラルヒーリングホワイトハウスです。

ホワイトハウスとしては昭和60年鹿児島で開業以来、マクロビオティックをもとにご相談させていただいております。マクロビオティックは、ほとんどの方が勘違いされていますが、日本の桜沢如一先生が生みの親です。

マクロ(大きい、全体)ビオ(生命、生活)ティック(技術、方法)で自然界の秩序に沿った生活法です。さらに大きな世界観をもった平和で自由な生き方であり、皆さんお一人お一人の健康や幸福を含んでいるのです。玄米(雑穀米)(全粒粉)穀物中心の主食に、豆類、野菜、海藻類で組み立てます。身土不二・陰陽調和・一物全体など独自の哲学があり世界中に普及されています。

埼玉三郷のナチュラルヒーリングホワイトハウスでも、まず健康相談により現在の健康状態、食生活習慣や嗜好、服薬中の薬や健康食品などをじっくりとお聞きし、その方に適したしかも毎日できることをご指導させていただいています。

マクロビオティックな考え方は人が本来生まれながらにして持っている自然治癒力を高めて常に健康に保とうとする恒常性維持機能を持続するものです。

実際に、埼玉三郷のナチュラルヒーリングホワイトハウスに相談に来られた60代の男性でアルコール依存症と診断された方の例をお話いたしましょう!この方はストレスからアルコールの量が増え血液検査(アルコール性肝障害では↑)のγGTPが何万IU/Lという数値(基準値は50以下)にはねあがり数回の入院を余儀なくされました。

入院中直接の原因となっているアルコールは絶たれますのでγ-GTPの数値は基準値に近づき退院しますが、心を含めて全快することはなくまた、すぐにアルコールに支配されることとなっていました。

この方にはマクロビオティックメディカル(養生)食を取り入れ(もちろん料理人の奥様の愛情も大きな力となって)みるみる回復して明るく前向きでとても活動的になりました。
また、メディカル食はある程度の期間をきめ、その方の体調や病気の回復度に応じてマクロビオティック通常食にきりかえていきます。今ではノンアルコールビールをジョッキで楽しんだり、生命力のある健康食品や漢方薬などを取り入れて、たまの外食や動物性食品も楽しめるようになっています。

マクロビオティックは単に病気療養にとか病気にかからないようにするというような消極的な目的ではなく、毎日を喜びにあふれて“ドキドキ-ワクワク・リラックス”へと連れて行ってくれるもののようです!

 

埼玉でマクロビならナチュラルヒーリングホワイトハウス
埼玉県三郷市高洲1-323-8
090-3733-7929
9:00~18:00
定休日:日・祝日