BLOGブログ
BLOG

埼玉でマクロビならナチュラルヒーリングホワイトハウスへ(日頃の養生)

2018/05/18
マクロビ日常食

【埼玉でマクロビならナチュラルヒーリングホワイトハウスがお届けする今日の一品[主食に雑穀(玄米・黒米・松の実・大麦・小豆)ご飯副食はお味噌汁(麦味噌・豆味噌)、白滝の煮付け、キャベツのくるみ和え、フルーツゼリー]】(画像)

 

埼玉でマクロビオティックを提案させていただいているナチュラルヒーリングホワイトハウスでは、これまでに多くのお客様の健康相談をお受けしてきました。

お客様の現在の気になる症状や疾患、現在お飲みの薬(漢方薬)・健康食品・サプリメントをお聞きするとともに、食習慣(嗜好品)や差支えない程度のライフスタイルをおききし、そのうえで、お客様に毎日お続けいただける健康法をご提案しています。

 

埼玉三郷のナチュラルヒーリングホワイトハウスの日常のマクロビ食はまず、主食の穀物に工夫していただいています。主食ですから主に食べるという意味を考えますと、歯の構造比からでも全体の6~7割の量で、副食のおかずは副えて食べるという意味から少量(残りの量)にして、ご飯中心に食べるということになります。主食は一物全体食の玄米をおすすめしますが、噛む時間もないという方には、消化吸収がよくない玄米よりも5分づき米や胚芽米に雑穀を混ぜたものをおすすめしています。その場合でも、噛むことは体全体で消化吸収の働き、脳の働き、酵素の働きなどに大きく影響を与えますので、まず、噛むという意識をしてもらっています。

 

九州のある保育園ですべて手作り玄米食を食べている園児たちの実験で、玄米最初の一口だけみんなで一緒に100回数えながら噛むということを実践すると二口め以降は自然に噛む傾向になるという園長先生のお話をお聞ききしたことがあります。

 

また、マクロビ食の最新情報としてよく耳にするのが腸内細菌の善玉菌が喜ぶ水溶性食物繊維です。水溶性食物繊維は玄米に大麦を加えることときのこ・海藻類に多く含まれています。野菜は思いのほか繊維が少ないので、含有量の多いもので組み合わせることがよいでしょう。整腸作用により、間違いなく快便になります。

 

埼玉でマクロビ食を提案させていただいているナチュラルヒーリングホワイトハウスでは毎日続けられる、すべて天然の食材からつくられた生命力のあるサプリメントを取り扱っています。このマクロビオティックの考え方に基づく生命力のあるサプリメントは日常食に加えることによって、栄養的には過も不足も補うことができます。ご病気の方、赤ちゃん、妊婦さんご高齢の方などどなたがたくさんいただいても、安心安全の試験に合格したものです。食事と一緒にとっていただき、体内に入った後も、細胞一つ一つが当たり前の働きができるように働きさらに体が本来持っている自然治癒力が最大限に引き出されて健康へと導いてくれます(恒常性維持機能)

 

特に症状改善を求められる方には、問診したあとそのかたにあった上薬(副作用のほとんどない高貴薬)の漢方薬を併用してもらっています。

 

 

埼玉でマクロビならナチュラルヒーリングホワイトハウス

埼玉県三郷市高州1-323-8

090-3733-7929

9:00~18:00

定休日 日・月