BLOGブログ
BLOG

埼玉でマクロビならナチュラルヒーリングホワイトハウスへ(うつ状態)

2018/05/23

(画像)【埼玉でマクロビならナチュラルヒーリングホワイトハウスがお届けする今日の一品[今日はカノンマクロビオティックスクールでご指導のメディカルメニューlaugh大麦スープ(うつ病に優しい)&もち粟入り玄米ご飯のひと口おはぎ(低血糖症を助けてくれる)今日のスープは濃いめの昆布だし!おはぎは乾燥プルーンのみの甘さ(メディカル)、衣にクルミ予定が準備間に合わずローストカシューナッツで代品にしましたwink]】

 

埼玉でマクロビならナチュラルヒーリングホワイトハウスでは、心のご相談も承っています。

本日の一品の大麦スープはうつ病に優しい食べ物ですが、うつ病とまではいかなくても、うつ状態の方は大変な割合をしめています。強いストレスにさらされやすい現代社会では、過剰なストレスから、誰もが“寝つきが悪い(よく眠れない)”“何もしたくない”“食欲がない”“やる気が出ない”などの精神疲労・うつ状態を生じる可能性があるのです。

ナチュラルヒーリングホワイトハウスにご相談に来られるお客様のほとんどが何かしらうつ状態をともなっていたり、一時期的にうつ状態であったことがあるなどとお話しされます。うつの原因であるストレスを取り除くことは容易ではないことが多いものです。病院へ診察に行っても、精神安定剤や睡眠薬などの服用の手段だけで、長期にわたり悩みは尽きないと、よくご相談されます。

 

でも、このうつ状態をマクロビ食が解決できることがあるのです。

日本人は世界で一番ストレスに弱い民族といわれています。もともと胃腸機能が弱く、湿気が多いので冷えやすい傾向にあります。そこで、ストレスに対する抵抗力を上げるために胃腸機能を高める発酵食品(味噌・醤油・漬物・梅干・納豆)・水溶性食物繊維(大麦・海藻・きのこ)を多くとることをおすすめしています。また、長期にわたる精神疲労やうつ状態で神経細胞の働きが低下してきたときには疲れている脳への栄養補給もとても大切です。脳の栄養はエネルギー補給に効率よく持続し、体に負担の少ない穀物からのブドウ糖が最高です。また、脳内でエネルギーを作るためにバランスの良いビタミン・ミネラルが必要不可欠です。

埼玉のナチュラルヒーリングホワイトハウスでは生命力のある天然のサプリメントでマクロビオティックの考えを満たすバイオリンククロレラとワタナベオイスターをおすすめしています。バイオリンククロレラは細胞の働きを回復し、エネルギー工場を元気にしてくれますし、水溶性食物繊維も多く含みます。オイスターは、バランスの良い天然比率のミネラルやビタミンにより、酵素が働き、エネルギーをつくりやすくしてくれたり、過剰な活性酸素を消してくれたりします。

うつ病の方は亜鉛不足と耳にしたことがあるかと思います。また、出産後や更年期、糖尿病患者では、亜鉛不足の傾向が強く、亜鉛不足がうつ状態を生じさせることが指摘されています。ただ、この場合も補給には亜鉛単剤では、あまり効果はなく、ミネラルはやはり天然の食材から微量であってもバランスの良い形で補給するほうが、吸収も、体内での利用もよいでしょう。

 

埼玉でマクロビならナチュラルヒーリングホワイトハウス

埼玉県三郷市高州1-323-8

090-3733-7929

9:00~18:00

定休日 日・月