BLOGブログ
BLOG

埼玉でマクロビならナチュラルヒーリングホワイトハウスへ(糖尿病)

2018/05/24

(画像)【埼玉でマクロビならナチュラルヒーリングホワイトハウスがお届けする今日の一品[糖尿病の方に愛の応援メニューheart●膵臓によいもち粟入り玄米ご飯を加圧法で炊き上げました(ホルモンバランス・リンパ系を整える南瓜の種も一緒に)●焦げそうになるくらいまでよく炒めたごぼう(整腸・造血/副腎強化)を、落し蓋でじっくり(極弱火)煮ます。お醤油を回し入れて仕上げます。wink●大好きな甘味として、甘い野菜のジャム(弱火で約4時間煮詰める)冷蔵庫に保管して、少しずつどうぞyes]】

 

埼玉でマクロビならナチュラルヒーリングホワイトハウスでよくご相談をお受けするのが糖尿病、もしくは健診で血糖値が高いと指摘されたというかたです。

私たちは必要なエネルギーを食べ物からいただいています。ご飯や甘いものを食べると糖質がブドウ糖として血液の中に吸収されます。血液中のブドウ糖のことを血糖といいますが、この血糖が増えると、膵臓のβ細胞から「インスリン」というホルモンが分泌され“増えた血糖を減らして~”というメッセージの働きでブドウ糖は肝臓や筋肉などの細胞に取り込まれ、血糖が下がっていきます。

しかし、糖質や脂質を取りすぎる飽食の現代はその悪習慣を続けることになり、膵臓がインスリン分泌に疲れ果て、ついに、インスリンを十分に分泌できなくなってしまいます。

実は血糖値を上げるホルモン(グルカゴン・アドレナリン・コルチゾール・成長ホルモンなど)は体内にたくさんありますが、血糖値を下げるホルモンはインスリンただひとつなのです。これは、人類の歴史がほとんど飢餓の時を過ごしてきたためであり、飽食の歴史は非常に浅く、地球上でも今もなお飢餓に苦しむ人々が多い中、飽食は地球の一部の人々に限られているという事実も証明しています。

さて、血糖濃度が高い状態(高血糖)が続くことで、糖尿病を引き起こすわけですが、高血糖を放置すると、血管がボロボロ(動脈硬化)になり、さらに一番怖いのは、合併症(三大合併は糖尿病神経障害、網膜症,腎症)を引き起こすことです。大切な栄養素を体内に取り込むことができないわけですから、ついには手足の切断、人口透析などの深刻な状況を引き起こすことになります。また、糖尿病の方は健常者の約2倍の割合(全体の40%)で睡眠障害があるといわれ、ストレス⇒不眠⇒不眠がストレス⇒血糖上昇(コルチゾール↑)⇒糖尿病悪化といった様な悪循環が繰り返されます。

 

埼玉三郷のナチュラルヒーリングホワイトハウスでは、糖尿病、高血糖の方にこそまさに日常にマクロビオティック食を取り入れていただきたいとご提案しています。現代は、ミネラル・ビタミン不足の食事です。また、せっかくいただいた食事も添加物や薬の影響でその大切なミネラル・ビタミンが体外へ排出されてしまうということが、頻繁に起こっています。

糖尿病の方は食事療法を行うことが、必要不可欠ですが、カロリー制限にばかり、気を取られてミネラル・ビタミンをはじめとする大切な栄養素の摂取をおろそかにしがちです。ミネラル・ビタミンをバランス良く含んだ一物全体食玄米(雑穀米)を中心に、しっかり噛んで、種子、豆類、海藻、きのこ、根菜などの食材を日常食に多く取り入れるとよいでしょう。

食事療法がストレスの時は、埼玉でマクロビならナチュラルヒーリングホワイトハウスがおすすめする生命力のある天然サプリのバイオリンククロレラやワタナベオイスターをつかって、リラックスの食生活を送っていただくようおすすめしています。

 

埼玉でマクロビならナチュラルヒーリングホワイトハウス

埼玉県三郷市高州1-323-8

090-3733-7929

9:00~18:00

定休日 日・月