BLOGブログ
BLOG

埼玉でマクロビならナチュラルヒーリングホワイトハウスへ(腎虚とマクロビと漢方)

2018/05/26

(画像)【埼玉でマクロビならナチュラルヒーリングホワイトハウスがお届けする今日の一品[何といってもマクロビ食で一番大切な主食enlightened週末に細川式(カノン小林先生ご指導)玄米ご飯を…糖尿病の場合、たいてい圧力鍋使用(加圧法)で炊き上げるそうですが、今回土鍋(無圧法)で仕上げてみましたcoolホルモンバランスを整える発芽玄米、同じく皮付きハト麦、黒生胡麻に膵臓に良いといわれるもち粟も加えてあります。お味噌汁と一緒に頂けば、身体はきっと大喜びlaugh]】

 

 

埼玉でマクロビならナチュラルヒーリングホワイトハウスでは、ご相談の上、その改善にはマクロビ食を中心にご提案させていただきますが、症状がつらく、中庸からかけ離れている場合は同時に漢方薬を使い速攻・確実の改善をめざします。

 

『アンチエイジング』という言葉をよく耳にするようになりましたが、最近では、この老化防止のためのサプリや健康治療法、美容に関するケア用品など話題に事欠かない現状ですよね。

 

漢方的にいうと、老化は「腎」の機能が衰えること(=腎虚)によって色々な症状、病気がおこると、とらえます。まず、「腎」とは単に西洋医学でいう腎臓のみを指すのではなく、副腎,泌尿生殖器官、骨髄などを含み、免疫機能やホルモンバランスの調整など脳の機能の一部も含みます。腎虚によって、起こる病気は、頻尿や不妊症、子宮の疾患、腰や膝の痛み、骨粗鬆症、免疫系異常のアレルギー疾患や膠原病、免疫力低下、ホルモンバランスの失調からの更年期障害や糖尿病、甲状腺機能低下症などがあります。

ナチュラルヒーリングホワイトハウスのおすすめするマクロビ食(ブログ画像おすすめ一品参照)では、このような、症状の改善に役立つ素材料理法をご提案し、日常に取り入れていただきますが、漢方薬の「※鹿茸」を一緒に服用いただくと、“精(生きる力エネルギー)”が補われ、より早く確実に、腎虚の症状を改善できるとともに、生命力そのものも補うことにつながっていきます。

マクロビオティックの考え方からいけば『極陰性』に傾いたところを中庸にもっていける非常に力のある食材ということになります。

 

※「鹿茸」について;鹿はもともと極めて生命力が強い動物と考えられていました。特に、その角である鹿茸や鹿角は、からだの中で一番清らかな陽気が高まるところとされる頭の上に陽気が高まる時期にぐんぐん伸びる、まさに生命力を高める薬効があるとして古くより利用されてきました。

 

 

埼玉でマクロビならナチュラルヒーリングホワイトハウス

埼玉県三郷市高州1-323-8

090-3733-7929

9:00~18:00

定休日 日・月