BLOGブログ
BLOG

埼玉でマクロビならナチュラルヒーリングホワイトハウスへ(デトックスⅠ)

2018/07/04

埼玉でマクロビならナチュラルヒーリングホワイトハウスでは、心と体の健康相談をお受けする中で、重要な健康法としてデトックスを提案しています。
デトックスとは解毒という意味で、体内の有毒物や老廃物を排出し、体内浄化をすることです。
身体に現れる色々ないやな「症状」は自然治癒力のありがたい働きで、体内の汚れを外に出してくれることで私たちはどんなに救われているかわかりません。「症状」は漢字の意味からも病を正す状況のことです。
例えば
①    嘔吐・下痢―体に悪いもの(多すぎる水分)を追い出している状態
②    発疹―血液に入った有害物が捨てられた証拠※はしかは発疹がひどいほど病気自体は軽くてすむ。アトピー性皮膚炎も体内老廃物の排泄現象で、汚れた血液を浄化。
③    炎症・発熱・食欲不振―「ゴミ」を燃やしている(のだから消してはいけない)  「炎症」火が二つ/体内の老廃物を燃やす→燃焼→発熱となる。老廃物の原因は過食なので「食欲不振」をおこし食物吸収を一時的にストップする。
④    出血・生理―汚染された血液は出してしまうことが効果的。
⑤    痛風や血栓―“部品”の故障でとどめて全身を守る体の知恵
自然治癒力の体を正す働きから見れば、次のように解釈できます。
●血液内の余剰糖分=高血糖症(糖尿病)
●コレステロール・中性脂肪=高脂血症
●余剰脂肪やコレステロールを血管内壁に沈着=動脈硬化
●余剰脂肪が肝細胞内に沈着=脂肪肝
●動脈硬化で血管内壁が狭くなり心臓は全身へ栄養補給のために力を入れて血液を押し出す=高血圧
●コレステロール大→胆汁の粘度大→コレステロール凝集=胆石
●尿酸血中濃度大→足の親指の関節に沈着=痛風
⑥ガンですら全身を守る防衛反応→汚れた血液の固まり

それでは、老廃物を排泄し、病気を起こさないためにはどうしたらよいのでしょう。

①    出すための食べ方として、マクロビ食をおすすめいたします。
『腹八分に病なし、腹十二分に医者足らず』
『常によく噛んで腹八分にする』   
 ※血糖値を上げるホルモンはたくさんありますが、血糖値を下げるホルモンはインシュリンのみです。人類はほとんど飢餓・空腹の時を過ごしているので、実は栄養過剰に対する対処法がわからず病気になってしまうのです。             
また、以前にもお話いたしましたが、動物の食性は歯の形で決まっていますので、人間はその形状から、臼歯5(米・穀類):前歯2(野菜):犬歯1(肉・魚)の割合でいただくとよいでしょう。

 

埼玉でマクロビならナチュラルヒーリングホワイトハウス

埼玉県三郷市高州1-323-8

090-3733-7929

9:00~18:00

定休日 日・月