BLOGブログ
BLOG

両手のひらから想いが伝わる料理

2018/12/15

こんにちは☺️💕

 

本日は、12月のマクロビオティック料理教室の様子と学びをお伝えいたします😊

 

12月13日は、マクロビオティック料理教室初級コースの卒業認定として、尚子シェフの師匠であるカノン先生宅へお邪魔して来ました☺️

初級コースの卒業認定は初級コースで学んだ料理の中から、1人一品作り先生にお出しするという内容です😳💡

ドキドキしますが、それぞれ思うこれだ!と思うものを心を込めて作ります☺️今回初級コース卒業認定には、3名参加しけんちん丼、きびアーモンド、甘酒プリンをそれぞれ作りましたよ〜!❤️

 

カノン先生から、料理自体のお言葉はもちろん、料理を作る際の季節や食べてもらう相手の体調に沿った心遣いなどなどアドバイスをたくさんいただきました☺️

「料理をする際は口角をあげて」「料理は両手を通して想いが伝わる」

この言葉が特に心に残った自分でありますが

『食』は私たちの体を作る最も基本的な部分で本能的なものであります。

使う食材や調理方法、味付けなど。

様々な要素で美味しい😍美味しくない🤨などとという感情は生まれるかもしれませんが!

「食べるその人を想い、心を込める」ことは食材のパワーをより一層引き出し、そしてそれを食べた人は本当の健康へとつながるのかもしれませんね☺️

IMG_0088.jpg

 

カノン先生&尚子先生シェフありがとうございました☺️💕😊

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

さて。12月14日はマクロビオティック料理教室のレッスン1と体験コースを実施しましたよ〜!

初級コースは、マクロビオティックの入門講座&基礎調理実習です💡😉一部ご紹介していきます〜!☺️💡

 

尚子シェフによる講義から始まりますよ☺️

 

レッスン1は、マクロビオティックとは?その食事方法や一物全体・身土不二・陰陽調和です💡

 

そして、調理実習です🤗

 

◆玄米を炊く

玄米の洗い方は、「拝み洗い」と言われます☺️

お水につけておくイメージが多いと思いますが、水にはつけないんですよ〜☺️

土鍋でじっくりと愛情込めて炊き上げます☺️そして天地返し!

(今回は、お塩を入れ忘れるハプニングも🤭ありましたが!これもまたお勉強になりました🤗)

 

 

◆きんぴら

お野菜それぞれのの洗い方(例えばごぼうは、綿ふきんで優しく洗います)から始まり、切り方〜炒め方へ(菜箸でお野菜をせわしなくかき混ぜるのではなく、土鍋の上でじっくりと焼き、天地返し、そして次に入れる食材を上に乗せ蓋をし蒸し焼きにします☺️(これを繰り返します)

 

マクロビオティックではこの炒め方が基本となりますが、不思議と食材本来の味とパワーがぐんぐん引き出されるのです💡

 

 

◆小松菜のおひたし

もちろん根の部分までいただきます🙏

シャキシャキ食感と&素材の味があるごとズバッと伝わりますよ😳💡

 

 

◆味噌汁

食材の陽部分と隠の部分を入れ、なるべく中庸へ持って行く回し切りから始まり。お味噌をコネコネ。お出汁を作り味噌をゴリゴリ。

一番基本的なお味噌汁を作りましたが、とおっても深くてあったかい仕上がりでした☺️

 

 

◆甘酒プリンは、本葛を使います。心を込めてまぜまぜ🥣

 その想いは優しく懐かしい仕上がりとなりました☺️

 

 

料理が出来上がったら皆さんで試食をします🤗

皆さんの質問や意見や考えもしれてとても有意義な時間になります😳💡

今日はこういう要因でこのような仕上がりなったのかな?などなど。

毎回違う味で違う想いがあるマクロビ料理教室初級コースを一部ご紹介させていただきました☺️💕

ありがとうございました🤗💕

 

次のコースは、2019年1月にレッスン3を開催いたします。

来月も楽しみにお待ちしております😊🤗💁‍♀️⭐️

 

 

 

 

“心と体の相談”&"マクロビオティック"ならナチュラルヒーリングホワイトハウス

埼玉県三郷市高州1-323-8

090-3733-7929

9:00~18:00

定休日 日・月

お問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞlaugh