BLOGブログ
BLOG

庚子のリニューアル

2020/06/12

 

こんにちは😃
あっという間に、今年の折り返し地点ですね。
夏至もまもなく🌞

いまさらですが、今年の干支は『庚子』(かのえね)
🤓物事が終わり変化して、120年に1回ともいわれるダイナミックな全く新しい動きが始まって増殖する年といわれています✊✊
もうすでに新型コロナで体験していますね💡
 


そんな中、みなさまにご愛飲(食)いただいています💚バイオリンク源液をリニューアルさせていただくことになりましたので、ご案内いたします👩‍⚕️👩‍⚕️



バイオリンク源液を改め
『バイオリンクBCEx(バイエリンク種 チクゴ株 エキストラクト)』と改名いたします。
エキス内容は、これまでの源液と同様です👌


※内容量が40ml増え、価格もアップしておりますが
総合的にお得になったもよう🤔💡

※BCEx 50mlは価格容量変更ありません。

 


この機会に、皆様に『バイオリンクBCExストーリー』をお届けします💁

クロレラの発見者バイエリンク氏は、
生涯を研究に仕え『クロレラの発見』以外に

『ウイルスの予知』『集積培養』など様々な功績を残されました。


ウイルスの命名もされました。
微生物学者であり、植物学者であるバイエリンクは、

ウイルスは生きた細胞の中のみ増殖する」という考えや

菌は環境によって増殖が決定する」のように大きな視点で研究に取り組まれた研究者でした。


バイオリンクBCExの働きをみるとバイエリンクが発見したような研究成果が確認できます。


BCEx成分は「自分の体を常に健康に保つ力」があることが解明されていますが、

それは体の環境を適切に保つ働きだと考えられます。
バイオリンクBCEx成分の働きは唯一無二。

バイエリンクが生涯をささげた研究そのものを証明するものではないでしょうか☺🙏


クロレラ工業と九州大学医学部共同研究生体防御学教室より参考資料として、

バイオリンクBCExの環境下で、細胞継代培養実験を100代2年間にわたり行い、ただの1個もがん細胞などの異形細胞はでない結果を得ています。


💚バイエリンクが提唱した「菌そのものを大量に発見せずとも、菌が繁殖しやすい環境をつくることで特定の菌を増やせる」は今日の考えとも合致しており、

腸内細菌のバランスを整えるためにはまず、腸内環境を整える(BCEx.発酵食品.食物繊維など)ことが先決だという考えにもあてはまります。

(牛由来のヨーグルトは人間にとっては、環境因子にはならないんです🤭)


※例えば、腸を整えたい時、

ヨーグルト(前者)を食べる場合と、

BCEx,発酵食品、食物繊維(後者)を食べた場合、

前者は、自らが働き、腸内細菌には何の影響も及ぼさず、仕事したら出て行きます。

後者は、既存の菌の質ややる気をUPさせ腸内環境を整えていく役割を果たす。(菌が繁殖しやすい環境を作る)

 

 


💚最高の環境因子である唯一無二のバイオリンクBCExが、「庚子」のこの年にさらに生まれ変わったその深い意義を感ぜざるを得ませheart

 

 


ご愛読ありがとうございます。

素敵な1日をお過ごしくださいblush

 

自然治癒薬剤師 涼子ママより